ARTSsブログ

【よろこびの声】激務により心身ともに疲弊していた30代システムエンジニアの方より

「頭痛がひどく、会議にも支障が出る」「休日に1日寝ていても回復しない」といったお悩みで来院された30代の男性。
定期通院での変化について感想を書いてくださいました。

『心身のパフォーマンスが上がりました。』

声

システムエンジニアとして働いている私は、当時激務が重なり肉体的にも精神的にも疲弊し、首肩の痛みや頭痛が酷く、会議の会話などにも支障が出るような状態で、休みの日に1日家で寝ていても心身の疲れが取れない状態が続いていました。

そんななか、マッサージは疲れが取れるという話を聞き、月1,2回ペースでいろいろ行ってみるも、直後は疲れが取れた感じや気持ち良さが感じられたものの、少し時間が経つとまた元の状態に戻ってしまうというようなことを繰り返していました。

あるとき、ネットでARTS’sさんの記事を見つけ、たしか「根本的な治療を行う」というようなキーワードが目に止まり、お世話になることにしました。

初回のカウンセリングでは、症状のヒアリングから始まり、体の仕組み、疲れや痛みが発生するメカニズムなどを丁寧に説明していただき、回復までの道のりとイメージを示してもらいました。

私が主に受けている施術は、アクティベータという器具を用いて、うまく機能していない筋肉を刺激して、うまく機能させるというようなもので、術後は局所的にマッサージを受けたような自然な刺激が残り、その後しばらく経つと、体が全体的に軽くなる感じです。

初めの2カ月くらいは、1週か2週に1回、以降は月に1回ペースでお世話になって
います。
お世話になってから1年と少しが経ちますが、いまでは首肩の痛み、頭痛は消え、会話に支障をきたすことも無くなり、仕事でもプライベートでも心身ともに高いパフォーマンスが発揮できるくらいまでに回復しました。
大変感謝しています。

同じような症状でお困りの方、試してみる価値はあると思います。
ARTS’sさんお勧めです!!

これからも体のメンテナンスと生活習慣見直しのヒントを頂きに、お世話になりますので、よろしくお願いします。

《ロッキーさん 30代男性 システムエンジニア》

~院長より~

ロッキー さん

とっても嬉しいメッセージをありがとうございます!
そうですね、来院したばかりの頃は心身ともに疲弊しきってましたね。

でも根気良く治療を重ねたことで、かなり早い段階で状態は落ち着きましたし、その後もきちんと健康維持のために来院されていることが大きいと思います。

心も体もシャキッと働かせるためには「脳と神経」を元気にすること。
良い指令ができて、それを身体の隅々まで伝えられれば良いのですから。

これからもアクティベータで心身ともに活性化させていきましょう!

当院では、「症状を緩和すること」ではなく、「日常をより快適に過ごすこと」を目的として、施術計画をお伝えしています。

生活している限り、負荷はつきもの。

たとえば…
・スマホの光 ・偏った食事 ・夜更かし ・お酒、タバコ
・環境の変化(進学、引越し、結婚、転職、出産etc)
・強い価値観(~ねばならない、~べき、完璧主義、0/100思考etc)
・学校、家庭、職場での人間関係によるストレス
・自分や身内の健康問題

などなど。
これらは「身体(脳)にとって負荷」となります。

すべてを回避することは不可能ですよね?
であれば、「プラスの行為・時間」を積極的に持つことが必要なんです。

プラスとは…休息・リラックス、運動、趣味など。
しかし、現代社会ではマイナスがプラスを上回ることはなかなか難しいかも知れません。

そこで、当院のケアを定期的に利用して、「元気な心身」「快適な日常」を維持している方が多いんですね。

・生涯健康に過ごしたい
・いつも元気でいたい
・パフォーマンスアップしたい
・自分の力を発揮したい
そのような方のお力になります!

LINE@やってます

LINE@にご登録いただくと、院長の「無料個別相談(20分)」の特典を差し上げています。

ご自身やご家族の身体&心の悩みがありましたら、ぜひご連絡ください。
最適な方法を一緒に考えます。

メンタルライフケア ※「院長」をご指名ください※
 初回 16,200円 / 2回目以降 10,800円

症状の背景にあるものや歴史(幼少期~現在までの環境や習慣、感情の傾向、行動・思考パターン、価値観など)を紐解きながら「理想の姿」を明確にしていきます。そして、そこに向かうために何が必要なのか?を一緒に考えながら、心身ともに自立して、あなたがあなたらしく生きられるようサポートしていきます。

強い精神的ストレスを抱えている
精神科や心療内科に通院している
心理的要素からの慢性症状がある

うつ 不眠 パニック 線維筋痛症 突発性難聴 適応障害 ジストニア 情緒不安定 マタニティブルー 小児神経症 起立性調節障害 心因性頻尿 etc

《ARTSs》
東京都町田市原町田2‐3‐7リヴィエールマンションⅢ201
042-850-9126 受付:10:00~20:00 定休日:日曜
「ホームページを見て…」とお電話ください

関連記事一覧

PAGE TOP