ARTSsブログ

【よろこびの声】産後うつ、育児ノイローゼ、不眠、孤独感でお悩みだった女性

当時2才の男の子を育児中だったS.Aさん。

産後うつから育児ノイローゼになり、体調面・精神面ともに不調をきたし来院されました。

院長の【メンタルライフケア】を繰り返し受け、“今の気持ち”を文章にしてくれました。

私は産後うつから、育児ノイローゼになってしまい、不安と孤独から
抜け出せずいました。
病院に通っても薬を処方されるだけでなかなか
回復せずに、焦りばかりが募っていました。
初めて先生に話を聞いてもらった帰り道、少し気持ちが軽くなり、
もしかしたら抜け出せるかもしれないという希望が見えたのを覚えています。

一番症状がひどかった時には、急な連絡やカウンセリングで対応してもらい
迷惑をかけてしまいましたが、嫌な顔一つせず「いつでも頼っておいで」と
気にかけてくださいました。

誰にも愚痴を吐き出せない孤独。
どうにかしたいのにその方法が分からない焦り。
どうして自分はこうなってしまったんだろうという悲嘆。

それらを取り除く作業を根気よくしてもらえなければ、私はまだ暗闇の中にいたと思います。
そして薬だけでは治らなかったな、とも思います。

うまくできない事の方がまだたくさんありますが、それでもふっとした時に
言っていた事が腑に落ちたりするのです。
まだまだ育児は続くし、悩みも尽きませんが、ここに行けば何とかなる。
という場所を見つけられて本当に良かったです。

いつも諦めずに寄り添ってくれた亀山先生、まるで魔法のように子供の気持ちが解り、
対応の仕方をアドバイスしてくださったセラピストの鎌田さん、いつも優しい笑顔で
迎えてくださり、時には育児の悩みを聞いてくださった受付の奥さま。
みなさんには感謝の気持ちでいっぱいです。

S.Aさんのおっしゃる通り、育児は続きます。

そして、子どもの年齢によって悩みや課題も変わっていくもの。

【メンタルライフケア】では、あなた(お母さん)がどんな思いを持っているのかを
引き出し、その気持ちを大切にするためにはどうすれば良いのか一緒に考えながら、
常に最適な選択ができるようサポートしていきます。

心身ともに安定して、お母さんも子どもも“自分らしく”伸び伸びと生きられる未来を
一緒に目指しましょう。

関連記事一覧

PAGE TOP